皮膚の変化で出来るいぼ【整形治療でしっかり除去】

病院

早めの治療が大切です

笑顔

気が付くとできているのがいぼです。いぼは感染力が高くしばしばプールなどで集団感染をおこします。感染に気が付いたときは他の場所に広がらないようにするため、あまり触らないように注意しましょう。いぼは皮膚科や美容整形外科で治療することができます。感染に気が付いた時は早目に医師に相談するようにしましょう。

顔にできる嫌なもの

笑顔

いぼができてしまったことで困っているのならば、美容整形や皮膚科などに通ってしっかりと治してもらいましょう。市販薬などを利用する方法もありますが、専門家に診てもらうことがいぼを治すため一番の近道です。

変化を治す時代が到来

病院

いぼがあると生活に支障が出るので、どうにかしたいと悩んでいる人は多いもの。その悩みを整形がかなえてくれるように時代は変化してきました。痛くもありませんし、簡単な施術で終わるため安心感もあってか、人気が急上昇しています。

キズを残さず綺麗に除去

いぼ治療を実践するクリニックが多数紹介されているサイトがあります。イチオシの場所で効果的な治療を受けていきましょう!

いぼに悩む女性の為に、最適な情報サイトがあります。いぼのタイプや適切な治療方法など、多彩な情報が掲載されていますよ!

盛り上がりや大きさで治療

背中

ウイルス感染や皮脂腺が多いところの皮膚の表面が変化してできるのがいぼで、グリーンピース大の大きいものから1ミリ程度の小さなものまで様々です。いぼの中には悪性のものもあるので、速やかに医師の診察を受けることです。いぼの原因は、ウイルス感染によるものと加齢によるものとがあります。ウイルス性のものは感染の恐れがあるので早期に治療するのがベストですが、加齢によるいぼは感染の恐れはないです。60歳以上の8割の方にいぼがあり、取り除いても再発の可能性があります。ウイルス性のものは、角質層の増殖ででき加齢によるいぼは表皮の増殖と原因が違います。扁平疣贅と呼ばれるものは、顔や手の甲にできる小さないぼで放置すると増殖することがあります。次に尋常性疣贅と呼ばれるいぼは、硬く手足に盛り上がるものでたこや魚の目に似ていてウイルス性のものです。老人性疣贅は、顔や手の甲などに表れ数ミリから1センチくらいの大きさでメラニンの増加が原因でできます。整形外科での治療法は、切除して縫合する切除法と電気で蒸散して除去する電気凝固法があります。小さいいぼは、いぼのない皮膚にも窒素が影響して色素沈着を起こすことがあるので、電気凝固法で治療するのはいいと思います。いぼの盛り上がりがあってもサイズが小さいと電気凝固法やレーザーでの治療ができます。

治療後にすぐにメイク

整形外科での電気凝固法は、いぼやホクロに局所麻酔を施して高周波の電気で蒸散させて取り除きます。また複数のものを同時に除去することもできます。整形外科での施術は、麻酔をするので痛いのが苦手な方も安心して受けることができ、治療時間もわずか数分で終わります。そしていぼは、治療のあとにすぐに消えますが当日は保護のために、施術箇所に小さいなテープを貼ります。メイクは施術の翌日から可能であり、施術の2週間後にはかさぶたが自然にとれていき色素も消えていきます。赤みや窪みは3ヶ月から半年かけて少しづつ落ち着いてきます。整形外科の除去法はホクロは1回で取り除くことができますが、大きいいぼの場合は切除と縫合が必要なことがあります。切除法も局所麻酔を行うため痛みに弱い方も安心して受けることができますし、施術にかかる時間も数分と短時間ですみます。縫合したときは、縫合箇所を避けるとメイクを翌日から行うこともできます。また縫合したときは、抜糸しないといけないです。かさぶたは、自然に取れて3ヶ月から半年で赤みや窪みも落ち着いてきます。

きれいに早く確実に

先生

いぼは小さなものですが、顔の印象を決めてしまう力があります。原因も様々で、自分で除去するのは危険なので、整形クリニックなどで除去してもらいましょう。整形では炭酸ガスレーザーが主に使われていますが、これは跡を残さずきれいに除去するという特徴があります。上手に整形を利用して、いぼとさよならしましょう。

変化を楽しむ余裕

先生

いぼは成長すると治療が難しくなるだけでなく、炎症などを引き起こす懸念もあります。その治療に最近は整形を使っているところも増えてきており、話題沸騰です。面倒な手間もいらず、いぼを除去できるとあっておススメされています。