皮膚の変化で出来るいぼ【整形治療でしっかり除去】

病院

早めの治療が大切です

早めに診察を受けましょう

笑顔

気が付くとできてしまっているものの一つにいぼがあります。いぼができる原因は「ヒトパピローマウイルス」や「ヒト乳頭腫ウイルス」などのウイルスで、免疫力が低下しているときなどに感染することが多くなっています。いぼをつくる原因となるウイルスの数は多く、百種類以上にも達します。詳しい感染経路は現代の医学でもはっきりとしていません。しかし集団感染などが確認されているので、感染経路がはっきりとしている場合はしっかりと予防対策を立てることで感染を予防することができます。感染力が高いのもいぼの特徴です。子供などがプールで集団感染することもしばしばです。しかし感染してもほとんどの場合は心配する必要はありません。多くのいぼは良性で放っておいてもいつの間にか治るものがほとんどです。しかし放置しているとほかの場所も感染し、いぼが増えることがあります。また家族間でも感染が広がることがあります。家族間でのタオルの使いまわしなどは極力避けるようにした方がよいでしょう。いぼができていることに気が付いたときは、皮膚科や美容整形外科で診察を受けるようにしましょう。

健康保険の対象です

いぼの除去は皮膚科や美容整形外科で行っています。治療方法にはいくつかの種類がありますが、主流となっているのがレーザー治療、液体窒素治療、内服薬による治療です。いぼの除去を行う際はまず、医師による診察でどのウイルスに感染しているのかをはっきりとさせる必要があります。なぜなら、いぼを発生させるウイルスは非常に数が多くそれぞれのウイルスで効果的な治療法が異なるからです。診察により感染しているウイルスの種類がはっきりとしたら、そのウイルスに最適な治療を行うことになります。治療は皮膚科か美容整形外科で行うことになりますが、治療による肌トラブルが心配な方は肌に関するトータルな処置を行ってくれる美容整形外科を選択するとよいでしょう。いぼの除去は一部の治療を除き、基本的に健康保険で治療を受けることができます。しかし中には今でも保険診療の対象外となっている治療法もあります。治療を受ける際は自分の受ける治療が健康保険の対象となっているのかどうかをしっかりと確認してから治療を受けるようにしましょう。